【後悔】シェアハウスに2年住んだ感想は「ぴえん」。俺の屍を超えていけ!

シェアハウス 感想

 

知りたい人

実家を出たいです。

でも、一人暮らし金銭的に厳しい……。

シェアハウスって安く住めそうだけど、

住み心地とか使い勝手とか、どんなカンジでしょうか?

 

まいど、シェアハウス歴2年の よぴ です!

今回は、 僕のシェアハウス生活での実体験をリアルにお伝えしたいと思います(‘◇’)ゞ

 

シェアハウス経験者の「感想記事」って感じです。

 

当記事の内容

■ざっくりシェアハウス形態は2タイプある

■シェアハウスに2年住んだ感想をぶっちゃけ

■シェアハウス生活での後悔 → 推奨したいこと

■シェアハウス生活における他の人たちの感想

 

この感想記事を読むことであなたは、、、、、、

 

読むメリット

✔シェアハウス生活をリアルにイメージできる

✔自分にあったシェアハウス選びを実現できる

 

よぴ

シェアハウス歴2年の筆者が、当時の感想をリアルにぶっちゃけました笑

※都合3件ほど住んだ経験があり、遊びに行ったものも含め7件くらい見てきた背景があります。

 

●見やすさ

●読みやすさ

 

にも注力していますので、

ぜひこの先も読み進めてみてください♪

 

 

【そもそも】シェアハウスの形態には2種類ある。

シェアハウス 感想

 

さっそく感想の方に行きたいんですが、その前に。

シェアハウスのことをよくわかっていない人向けに、

「シェアハウスは2タイプあるんだよ」ってことを説明させてください(*_ _)

 

■大手運営のシェアハウス

■個人運営のシェアハウス

 

↑↑上記の2つです。

以下、かるーくご説明していきます。

 

大手運営のシェアハウス

 

まずは、もっとも一般的で王道なのが、、、

業界大手のシェアハウス運営会社です

 

例えば、

 

 

■シェアハウス業界の老舗かつ最大手の「 オークハウス

■東京の安いシェアハウスを取り扱っている「 クロスハウス(シェアドアパートメント )」

 

 

などが有名。

かんたんに 特徴的メリットをまとめると以下。

 

 

特徴的メリット

・初期費用が安い(10万円以内)

・家賃や共益費も安め(合計3万円~住める)

・家電家具の費用が掛からない(もとからある)

・契約がスムーズ(連帯保証人や保証会社なし)

・普通の賃貸よりも審査がゆるゆる(無職でもOK)

 

 

こういった大手シェアハウス会社は、

・完全個室で水場だけ共有

・住人との距離感もさほどない

などの物件がほとんど。

 

よぴ

したがって、

「ホントは一人暮らししたいが高くて妥協」

といったようなニーズの人たちに大人気です♪

 

 

個人運営のシェアハウス

 

一方で、個人運営のシェアハウスというのも存在します

僕が住んでいたのはコッチ方面です。

 

例えば、

 

・ネットやPCが好きなオタク(ギーク)が集う「ギークハウス」

※日本一有名なニート < pha> さんが始めた。

 

・現代の駆け込み寺「リバ邸」

※起業家の < 家入一真 > さんが発起人。

 

有名どころだと上記。

 

2つとも全国展開しているプロジェクト系のシェアハウスになります。

※「ギークハウス〇〇」「リバ邸〇〇」といったシェアハウスが日本各地に存在。名前だけ借りて、ひとつひとつの物件そのものは、個人運営しているというケースがほとんどです。

 

 

大手シェアハウスよりもアングラ感は強いですが、また別のメリットもあります。

 

 

 

メリット

・家賃が激安(1~2万円台は普通。5000円台もアリ)

・基本、シェアハウスなので家電家具もそろえる必要がない

・初期費用ナシも多い(あっても、デポジットとして数万を預かる程度)

・無職ニートでも生きやすいような空間(同じような人、理解がある人が多い)

・住人らとの人脈やおおもとの「プロジェクト」など < コミュニティ > に所属できる(社会資本)

 

 

こういった個人運営シェアハウスは、

・個室じゃなくて相部屋タイプ

・住人との距離感がかなり近い

などの物件が多くなっています。

 

よぴ

したがって、

「コミュニティを求めている」

「とにかく安けりゃなんでもいい」

といったようなニーズの人が多く集まります。

 

 

目的をはっきりさせて自分に合った方を選ぼう

 

このように、大別すると「大手」と「個人」の2パターンに。

そして、それぞれの形態で毛色がかなり違います。

 

ですので、シェアハウスを選ぶ際は、

少なくともこの2択ではミスらないように注意しましょう(>_<)

 

僕の感覚だと、

 

大手に向いている人

・初期費用10万円くらいなら何とかなる

・一人暮らししたいが妥協して安いシェアハウスへ

・住人トラブルが不安でなるべく住人と関わりたくない

 

個人に向いている人

・とにもかくにもお金がない

・コミュニティに属してワイワイしたい

・なにごとも経験なのでトライしてみたい

 

↑↑上記のようなイメージです。

参考にしてみてください(^o^)

 

 

【リアル】シェアハウスに2年住んだ感想は「ぴえん」。

シェアハウス 感想

 

はい、ここから「感想」パートに入ります(‘◇’)ゞ

※当時2年ほど暮らしていた個人シェアハウスでの生活をもとに書いてます。

 

スペックを一覧表に!

 

かんたんに、「僕」と「物件」のスペックを出してみました。

以下、 見やすく一覧表にしましたので、ざっとご確認ください。

 

僕のスペック
性別
年齢 25歳
月収 約10万
性格 内向的
属性 陰キャ

 

物件のスペック
形態 個人運営
場所 地方
家賃 光熱費コミで1~1.5万円
初期費用 ナシ
築年数 100年くらいw
部屋数 3室(板で仕切った個室)
共有 リビング、トイレ、お風呂、キッチン
設備 WiFiあり、エアコンなし、食器あり、冷蔵庫あり
立地 日当たり皆無

 

↑↑こんな感じですw

 

補足ッ!

当時、電脳せどり(いわば転売系)をやってて月収10万円くらい……。

その状況で実家を出たため、必然的に地方の激安シェアハウスを探しすことに。

そして、行きついたのが当時の物件です。

 

 

よかった感想

 

よかった感想としては、2点あります!

 

よき感想

・家賃光熱費が2万以下で固定費が神削減。

・コミュニティに属せていろいろ経験できた。

 

とにもかくにも安いのがありがたかった……。

当時の月収が10万そこらだったため、

固定費が5万も超えるとこにはそもそも住めません。

 

そこに来て、2万以下の固定費にできたため、

月収10万円でもふつーに暮らしていくことが可能に。

 

この時の経験から、

「固定費を削減すれば低収入でもおk」

という教訓を得ていますw

 

 

あとは、コミュニティに属せていろんな経験もできました。

日々、「シェアハウス周り」「オーナー(地元)周り」の人たちと

絡んでいくことで、ものすごく 刺激的で貴重な体験になったと感じています。

 

・旅人やフリーランスや自営業など百人百様な「生き方」に触れた。

・他のシェアハウスとの交流や知らない土地での旅行で経験値を得た。

・コミュニティでのご縁でしょぼいバーテンダーをやることになった。

 

↑↑このように、 実家にひきこもっているだけでは見ることのできなかった景色が、そこには広がっていました。

 

わるかった感想

 

一方でわるかった感想も、3点ほどあります。

 

悪しき点

・住人がクソ。とにかくクソ。

・日当たり悪い環境でメンタルがヘラる。

・飲み会やパーティーが頻繁で辛くなる。

 

まず、いっしょに住んでいる住人がクソすぎてストレスフルな生活になってました。

具体的には「精神病のおっさん」「急にキレたり」「俺の食品を勝手に食ったり」でさんざんな目に会ってます。

これはマジできつかった……。

 

他にも住民トラブル系はありますが、僕の中で代表的だったのは上記です。

僕もけっこうだらしないところがあったりするので、アレなのですが、

ま、結局は「水は低きに流れる」ってことなんだと教訓を得ています。

 

 

クーラーがなくて、「夏は暑い」「冬は寒い」のはご愛嬌でしたが、

日当たりが悪いのは地味にキツかった点です。

 

というのも、僕は引きこもり気質でして、

自室で作業したり酒飲んだりして過ごすことがデフォなんですね。

しかしながら日当たりが死滅している立地だったので、何回かメンタルが狂ってます。

 

よぴ

このままじゃいかん!

 

と、市営のスポーツジムに入会して

筋トレを始めたくらいにはヤバかった……。

 

余談ッ!

余談ですが、ひきこもり気質は今も変わらず。

相変わらず、実家にひきこもって作業してます。

 

ですが。

 

筋トレとかはしてないのに、メンタルはめちゃくちゃ安定。

コレ、おそらく原因の一つが「日当たり」ですwww

 

とりわけ自室が「日当たり」よすぎてワロタな感じ。

秋とかでも暑いくらいにガンガンおひさまバイオレンスにさらされますので。

 

※真面目な話、日当たりいいと幸福ホルモンの「セロトニン」生成に有利みたいです。

 

 

さいごに、パーティー疲れも深刻でした……。

シェアハウス含め、所属してたコミュニティ界隈が陽キャ集団だったのです。

 

だから、冗談抜きで週1,2ペースで飲み会パーリーナイトが発生。

さすがにぜんぶは出てませんでしたが、かなりの頻度で参加してました。

 

陰キャにこれはキツイんですよwww

知らない人もいっぱいいるので、居心地も悪かったりして。

シェアハウス末期は、こーゆーのがほとほとイヤになってました。

 

この「パーリー疲れ」も、シェアハウスを退去するにいたった一因です。

 

 

【推奨】シェアハウス生活での後悔。「こうすればよかった」

シェアハウス 感想

 

この章では、

「僕のシェアハウス生活における後悔」

転じて、

「僕みたいなタイプはこうすべきだった」

と考察していきます。

 

これからシェアハウス生活に入る人は、

僕の失敗を反面教師にしてください。

 

 

完全個室の物件を選べばよかった。

 

個室だいじ。マジ大事。

僕が住んでいたシェアハウスはいちおう個室でしたが、

もともと広い空間をベニヤ板で区切った「なんちゃって個室」

 

こうなると、隣同士の生活音に神経質になります。

また、住人同士で生活スタイルも違うので……。

寝付けなかったり、朝起こされたり、睡眠の質が低下しちゃうんですよ。

 

だからこそ、シェアハウスは完全個室にすべきです。

多少は値が張っても、「プライベート空間」を確保してください。

音問題もあり、眠りが浅い人だと「睡眠の質」がえらい下がっちゃうから気を付けて!!

 

 

住人との距離が近すぎない場所にしとけばよかった。

 

前述した、住人トラブル「パーリー疲れ」

これは、住人や周囲の人たちと距離が近すぎたことが原因です。

 

別に陽キャやコミュ強であればいいのですが、

僕みたく「陰キャ」「コミュ障」「内向的」な人は要注意。

 

こういうタイプは、

 

◆大手シェアハウス

◆完全個室で穏やか気質

◆リビングなどがない構造

 

↑↑上記を満たした物件をえらびましょう(>_<)

↓↓※参考記事:東京にハイパー安く住めるけど完全個室が多い「クロスハウス」が超オススメです。※↓↓

【格安de上京】クロスハウスの評判ってどう?体験談や口コミもガチ調査!【無職でも都内に住める!】

 

 

余談:本は電子書籍に移行してタブレット一台に出来たのに……。

 

ここは余談的な後悔になりますが、、、

持ち物てきには軽いに越したことはないです。

 

とりわけ、所有している「書籍」「マンガ」などが多い人は、

荷造りでかなり苦労しちゃうんじゃないかあ、と。

 

僕自身も、数十冊の本とともに移動していたので、かなり厄介でした……(´ー`)

ですが、今は 電子書籍に完全移行したので、以前よりだいぶ身軽に。

具体的には、 タブレット1台(究極スマホ1台でも)あればオールオッケー。

 

↓↓このあたり気になる人は以下の記事がオススメです↓↓

【お得なの?】キンドルアンリミテッドを本音レビュー!損する人もいるので要注意!

※Amazonの本読み放題サブスク「キンドルアンリミテッド」についてのフルMAX解説記事になります。

 

 

【客観】シェアハウス生活における他者の感想も集めました。

シェアハウス 感想

 

ここまでで、シェアハウスについての感想をいろいろ書いてきました。

しかし、あくまでも「僕の主観」ベースでの話になります。

 

口コミ系が気になる人もいるはずですので、

僕以外シェアハウス経験者「客観的な感想」も集めてみました。

 

↓ ↓ ↓

 

シェアハウス 感想

 

シェアハウス 感想

 

シェアハウス 感想

 

シェアハウス 感想

 

シェアハウス 感想

 

 

みんなの感想まとめ

×住人への愚痴ある

×隣人の生活音が気になる

◎都内シェアハウスだと家賃安い

◎業者が掃除してくれる物件もある

◎個室は必要なタイプには絶対に必要

 

よぴ

こんな感じですかね~。

やっぱり人によって「向き不向き」はありますね!

 

 

【まとめ】シェアハウスは金銭的メリットが大きい! うまく活用して賢く生きていこう(`・ω・´)

シェアハウス 感想

 

ということで、そろそろ「まとめ」です。

 

シェアハウスの感想メインで書いてきましたが、

とくに大事な要点を以下にまとめました。

 

おさらいしたい人は、さらーっと読み返してみてください(*^-^*)

 

ポイントまとめ

 

2タイプある

■大手運営のシェアハウス

■個人運営のシェアハウス

 

大手に向いている人

・初期費用10万円くらいなら何とかなる

・一人暮らししたいが妥協して安いシェアハウスへ

・住人トラブルが不安でなるべく住人と関わりたくない

 

個人に向いている人

・とにもかくにもお金がない

・コミュニティに属してワイワイしたい

・なにごとも経験なのでトライしてみたい

 

よき感想

・家賃光熱費が2万以下で固定費が神削減。

・コミュニティに属せていろいろ経験できた。

 

悪しき点

・住人がクソ。とにかくクソ。

・日当たり悪い環境でメンタルがヘラる。

・飲み会やパーティーが頻繁で辛くなる。

 

よぴ

僕が後悔している点(あなたに注意したい点)。

✖完全個室の物件を選べばよかった。

✖住人との距離が近すぎない場所にしとけばよかった

✖余談:本は電子書籍に移行してタブレット一台に出来たのに……。

 

みんなの感想まとめ

×住人への愚痴ある

×隣人の生活音が気になる

◎都内シェアハウスだと家賃安い

◎業者が掃除してくれる物件もある

◎個室は必要なタイプには絶対に必要

 

はい。

ってな感じでした~(^o^)

 

悪いところや注意点もあるシェアハウス。

だけど、 「圧倒的に安く住める」って神メリットは揺らぎません。

 

あなたに合ったシェアハウス物件を選んで、

安く賢く新生活をスタートさせましょう(‘◇’)ゞ

 

おわり。

 

 

最後まで読んでくださり、マジでありがとうございます<(_ _)>

以上、『無職イズム』管理人のよぴがお送りしました。

それでは、また別の記事で!

 

東京安く住みたい人は必見! /

クロスハウスシェアドアパートメント

 

P.S.まだ情報不足の方へ。シェアハウス系の関連記事もご覧ください(*_ _)

 

不安な人

シェアハウスはじめてで、いろいろ不安です……。

 

こういった方は、以下のブログ記事も参考にしてみてね☆

 

僕の過去の経験談をもとに、

無職ニートが格安シェアハウスで生きていくイロハを書いた記事。

【体験談】シェアハウスは無職でも入居できたが注意点を知らないと詰むかもよって話

※デメリット面や注意点、また対処法も解説しています。

 

 

 

よぴ

P.S.当ブログ『無職イズム』が厳選したイチオシの記事はコチラ!

 

このブログ『無職イズム』では、無職をアップデートしてわりかし豊かにいきていくための、

 

「スキルやノウハウ」

「ライフハック術」

「お役立ち情報」

 

などを共有しています。

以下、よく読まれているイチオシ記事を厳選してご紹介します(‘◇’)ゞ

 

画像をクリックすると記事に飛べますので、気になったものがあったらぜひちょこっと読んでみてください<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください