【書評】マジで「僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない」。けれど……【岡田斗司夫】

僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない 書評 感想 読書レビュー

 

まいど!

0円読書家  の よぴ です。

 

本日は、

 

対象書籍

■岡田斗司夫著

■僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない

 

 

 

書評(読書レビュー)していこうと思います(‘◇’)ゞ

 

 

 

よぴ

さっそくですが、、、、、、

以下、僕がAmazonに投稿したミニレビューです!

 

※いわば、本記事のミニチュア版。

※300~500字でコンパクトにまとめてあります。

 

僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない 書評 感想 読書レビュー

 

↓ ↓ ↓

 

★要約★

■就活はムリゲー、就職はレッドオーシャンになってしまった。

■これからの時代は「貨幣」ではなく「評価」がモノを言うようになる。

■「評価」を基軸とする<百姓的><勇者的>働き方にシフトして時代をサーフしよう。

 

★総評★

「就職」「仕事」の意味を再構築してアップデートした本といった印象。
「働くこと」へのハードルが下がって気楽になる一方で…。
ふと、ある「恐ろしさ」にも気づかされます。

本書で提案されている「新しい働き方」が、
現実味に欠け、再現性が低いように感じました。

僕のような「コミュ障」「関係弱者」には、
この評価経済社会はディストピアになるかもしれない。

ここがかえって怖い……。

とりあえずSNSをやめて、
ブログやYouTubeなどで、
「評価≒感謝」を集めるべく精進します。

 

★オススメ★

・就活が苦しい人
・就職したくない人
・仕事がつらくて辞めたい人
・やりたいことが見つからない人

※20代前半のなにも知識がなかった頃に出合いたかった本です。

出典:Amazon

 

 

補足ッ

本記事は、A面とB面の2つの構成からなる書評記事です。

A面:本の要約(客観的情報)

B面:本の感想(主観的情報)

すでに本書「僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない」を読了済みの方は、B面からどうぞ(^o^)

↓ ↓ ↓

B面(感想パート)から読む

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

ほかならぬ自分自身の目で、本書を耽読したくなったあなたへ。

\\ 『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』を0円で読む! //

※当記事後半の 『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』を無料で読む方法にジャンプします。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

【A面:要約】僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない(岡田斗司夫著)

書評 感想 読書レビュー

 

それでは、さっそく要約していきます!

※本章では、以下の順で進みます。

 

基本情報 

↓↓ 

ざっくり要約 

↓↓

おすすめな人 

 

 

基本情報

 

まずは、基本情報から!

 

基本情報

書名:僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない

著者:岡田斗司夫

分類:社会評論(生き方)

初版:2015

貢数:226貢

難度:★★☆☆☆

 

引用あらすじ

就職がしんどい ― よくよく考えれば異常だ。

内定が出ない。苦労の末に入った会社はブラック企業。転職も厳しい。

いつの間に日本人は、こんなに「仕事」で悩むようになったのだろう。

どうやら僕たちは「働く=就職」と勝手に思い込んでいないか。

なぜか。安定した収入が欲しいから。

じゃあ、それは食うため?好きなことをするため?

ところで、お金って、そんなに必要なの?

「評価経済社会」の到来を予言した稀代の評論家が、そこで生き抜くために「仕事サーファー」「愛されニート」をめざせと提言。

金儲けからもストレスからも余計なプライドからも解放された、なんとなく気持ちのいい新しい働き方を紹介する。 

出典:Amazon

 

著者って!?

著者は、「社会評論家」の岡田斗司夫さん。

ひとことで言うと『インテリなオタクのおじさん』

 

もともとの出自的に、SFやアニメを熱心に追いかける、

いわゆる「オタク」としてのバックグラウンドを持っています。

※あと、エヴァンゲリオンなどの大ヒットアニメを作ったアニメーション会社「ガイナックス」の創設社長(元)です。

 

現在は、アニメ評論やアニメ解説を主とした「オタキング」の活動を行う一方で、『評価経済社会』『「世界征服」は可能か?』などの社会評論活動も行っています。

また、FREEexといった「社員が社長に給料を払う」形態の組織(オンラインサロンの先駆け的な感じ)を運営しており、執筆以外にもニコ生YouTubeなどの動画媒体でも精力的に発信中。

 

よぴ

僕自身は、動画配信系はボチボチですが、

岡田斗司夫「本」の方はほぼ全冊を読んでます。

 

 

ざっくり要約

 

はい、ざっくり要約してみます!

ここでは3行の「超要約」でズバッと笑。

 

■もはや就活はムリゲー、ってか貨幣経済社会そのものがムリゲー化しつつある。

■そこで、就職「以外」のあらゆる代替案を書き記したよ。

■あとは諸君次第ね。健闘を祈る!

 

たぶん、↑↑こんな感じで間違いないです。

 

注意ッ

3行まとめなので、かなり抽象化してます。

具体的な解説についてはB面にて行いますのでご勘弁。

 

 

おすすめな人

 

本書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』おすすめな人は、以下の通り!

 

オススメな人

✔就活が苦しい人

✔就職したくない人

✔仕事がつらくて辞めたい人

✔やりたいことが見つからない人

 

よぴ

大学生、就活生、新卒・第二新卒など、

20代前半の人たちにオススメな本です!

中でも「就活」「転職」に悩みや疑問を持っている方は必見。

※すくなくとも僕はその頃に本書に出合いたかった……(遠い目)。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

ほかならぬ自分自身の目で、本書を耽読したくなったあなたへ。

\\ 『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』を0円で読む! //

※当記事後半の 『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』を無料で読む方法にジャンプします。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

【B面:感想】僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない(岡田斗司夫著)

書評 感想 読書レビュー

 

はい、ここからは主観MAXで書かせてください!

※本章では、以下の順で進みます。

 

だいじな点 

↓↓ 

よかった点 

↓↓ 

いまいちな点 

↓↓ 

ささった一文

 

 

あ、、、

 

注意ッ

ここのパートはがっつり解説ver

つまり、ネタバレ要素がさらに強くなります。

未読の方で「購入検討している」人はご注意ください。

 

 

だいじな点

 

本書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』を読んで、

「これ、めちゃ大事だな」と思ったのはズバリ、、、、、、

 

 

「就職がムリゲー化している」

という事実をはっきり提示してくれた点です。

 

 

補足ッ

岡田氏は本書とは別の場(動画)では、

「就職はもはや運」とまで言い切っています。

 

 

不満な人

え? んなわけないだろwww

 

と思うかもしれませんが、

このエビデンス(根拠)は本書では、

イヤというほど出てきますからね……。

 

例えば、、、

 

就職はレッドオーシャン

・企業の寿命が平均5年。

・機械化やIT化で仕事の絶対量が減った。

・人工爆縮により公務員でも安泰ではない。

・未来が不安定すぎて企業は新卒採用に消極的。

・内定率からして3~4割の学生が就職できていない現状。

 

個人的には、

とくに内定率の数値的ファクトが衝撃でしたね。

 

こういった現状を踏まえて著者の岡田氏は、

 

つまり「 製造 し て いる 部品 の 一 〇 パーセント に 不具合 が ある」 という こと なら、 それ は その 工場 の どこ かに 問題 が ある、 と 考える のが 自然 です。

同様 に、 大学生 の 一 割 ぐらい が 就活 で 困っ て いる なら、 個別の 学生 や 大学 側 の 姿勢 を 疑う のは アリ でしょ う。  

でも、 事態 は もっと 深刻 なの です。

工場 の 例 で いえ ば、 製造 部品 の 過半数 が 問題 を 抱え て いる。

そんな 場合 は、 そもそも 工場 の 設計 思想 そのもの が まちがっ て いる ん です。

引用:僕たちは就職しなくていいのかもしれない

 

「就活のシステム自体が破綻している」と論じます。

 

 

思えば、

僕が大学を卒業した時期は2014年でした。

※本書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』の出版時期は2015年

 

その頃の状況を思い返してみても、

僕の周り(同期の友達連中10人くらい)で、

就活を無事に成功させたのは4人くらいだったと記憶してます。

 

あとは全員、フリーターとか留年とか進学とか。

もちろん、僕の周りが特殊だった可能性もあります。

ただ内定率のデータを見るとあながち大ズレでもないという……。

 

 

いったん、強引にまとめます。

本書での要所としてはつまり、、、

 

「就職はレッドオーシャンなので別のルートも視野に入れるのは当たり前」

 

といったのっぴきならない事実の提示

また、この論旨で話が前に進んでいくところにあるでしょう。

 

 

よかった点

 

本書ですが、

「ココがよかった!」と感じた要素は、、、、、、

 

「就職」の意味をアップデートしていた点です。

 

これは、どういうことか。

 

 

まず、大学講師でもある岡田斗司夫氏は、

冒頭の方で、現在の就活生の状況「ムダすぎる」と言い放ちます。

 

苦労 し て 入っ た 大学 での 半分 近く の 期間 を 就活 に 悩み、 せっかく 就職 し た のに、 わずか 数年 で 辞め て しまう。

なんと いう 時間 と 労力、 何より「 気持ち」 の ムダ なの でしょ う。

引用:僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない

 

そこからさらに、

敷衍していきます。

(もっとつっこんで考えていきます。)

 

そして最終的に、

現代人の「働き方」を以下のように分析。

 

・従来的な「就活」で幸せになるのはムリゲー

・ムリゲーなゲームをプレイするのでストレスがたまる

・ストレスがたまるからそれを発散するために放蕩してしまう

⇒この「ムダの極み」から脱することを目指していこうよ

 

そしてその解決方法が以下です。

 

・そもそも「食うため」だけならお金は少額でOK

・「ムリして働く」ストレスから脱すればお金も少額でOK

・ヒントになる「働き方(生き方)」は<愛されニート> <仕事サーファー>

⇒「いい人戦略」で評価をためて、

⇒「百姓的働き方(多職)」で動的安定を持ち、

⇒「勇者的仕事観(人助け)」で楽しく豊かに働く。

 

 

これからの時代ですが、

「貨幣」ではなく「評価」がモノを言うようになります。

 

だから時代に合わせた「評価」を基軸とする働き方にシフトしよう。

 

というようなことを岡田さんは言ってるんですね。

 

つまり、

 

×従来:貨幣こそが正義。お金を稼ぐために働く。

〇現代:評価こそが正義。感謝を稼ぐために働く。

 

こう変化していきます。

 

そして、

「評価を稼ぐための仕事」

とは「就職」や「給料」とは別モノです。

 

あまり「お金」が稼げなくても、

「お金」が発生しないボランティアでも、

それどころか例え持ち出し(赤字)だとしても、

誰かの役に立って評価されるのであればそれは立派な「仕事」になる。

 

 

ココが重要!

仕事自体は「お手伝い」レベルの小さいもので全然いい。

だけどもその「お手伝い」10~50コくらい掛け持ちでやろう。

お金がもらえなくても、あんまり儲からなくても、どんどん「お手伝い」を引き受けよう。

※やってみて、しんどかったり、つらかったり、割に合わなかったりすれば入れ替えてもOK.

 

 

こうなると動的安定が得られ、

自分の「評価」も育てやすくなる。

 

これまでようなサラリーマン的「単職」では、

その職場での評価が悪ければそれでおしまいだけど、

大小さまざまな仕事を行う百姓的「多職」ではそうはならない。

 

 

以上のように、

「就職」「仕事」の意味がアップデートされています。

 

言い換えると、

「働く」という行動へのハードルをものすごく下げてくれた。

 

ということにもなります。

 

よぴ

この点が、本書を読んでよかったと思える「気づき」です。

 

 

注意ッ

これらは岡田氏が20年くらい前から予見した、

「評価経済社会」とよばれる社会構造がベースになっています。

ここについてくわしく説明していると長くなりすぎるので割愛

『評価経済社会』ってタイトルの本があるのでそっちで書評します。

 

 

いまいちな点

 

ここまではべた褒めだった、

本書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』

 

いまいちな「欠点」も感じました。

あえて言うならば、、、。

 

「百姓的に仕事をサーフする新しい『働き方』が現実味に欠ける、あるいは再現性が低いのではないか」

 

これです。

 

理論的には、

もちろん理解できるんですよ。

 

・大小さまざまな「人助け」をかけ持つ

(=現金の多寡にかかわらず人脈の幅を広げていく)

・誰かに奢ってもらうとか話をもらうとかが発生する

(=そうなると別に 現金を追わなくてもよくなっていく)

 

こういうことですよね。

これって、冷静に考えて、

 

何らかのコミュニティに属して、

人と関わりまくって日々コミュニケートしていく。

 

ってことになるはず。

しかもそれを「円滑に」「良好に」保たなければならない。

 

 

よぴ

僕のような「コミュ障」には、

あきらかに向いていないよな……。

 

 

出来る人には出来るし、

向いている人には向いていると思います。

しかし、僕のように……。俺だけじゃないはず……。

 

補足ッ

ただ、ここは本書でも、

「コミュニティが大事になる」って明言されてます。

 

わかるんですよ。

僕のシェアハウス時代でも、

こういった 「地縁×百姓的な『働き方』」してる人いました。

 

具体的にはそのシェアハウスのオーナーさんなんだけど、

本業でWebデザイナーやりつつ地元の飲食店や市役所とうまく絡んで、

なんやかんや仕事貰ったり逆に仕事回したりして 「ハブ的」に生きてました。

 

オーナーさんの働きぶりとか普段の様子を見るたびに、

 

よぴ

この人すごいなあ。

こりゃあ、俺にはできない……。

 

と感嘆してましたからね。

 

 

こう考えると、

これからはますます、

「コミュ障的で内向的な人間は生きづらくなっていく」

のかもしれません。

 

冷酷すぎて草も生えない絶望感です。

 

注意ッ

評価経済社会はしばしばユートピア的な語られ方をされますが、

このようにある意味でディストピア的な側面も大いにあります。

 

しかし、

僕らにもまだ 一筋の光があります。

 

それが、インターネットです。

 

 

ささった一文

 

さいごに、

僕らコミュ障の救いヒントとなるかもしれない一文、

個人的に「ささった一文」をサラッと紹介します。

 

逆 に 弱者 で あっ ても、 どこ に いよ う が、 だれ とでも ネット を 介し た コミュニケーション が とれる よう に なる わけ です から、 つながり は 無限 になり、「 助け て もらえる 可能性」 も 無限 に 拡がっ て いき ます。  

どう なる かは、 その 人 の「 評価」 しだい です。

引用:僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない

 

「なにもリアルでのコミュニケーションがすべてではない」

「弱者はネットを介して『評価』→『つながり』を目指そう」

 

ってことです。

 

やはり。

弱者に残された最後の場所は、

インターネットになるのでしょう。

 

その意味で、

僕もやっているブログYouTubeはカギとなるはず。

 

知りたい人

Twitterとか、

SNSじゃダメなん?

 

うーん、たぶん適していない。

評価経済社会では悪手にすらなりえると思う。

 

なんでかというと、

SNSはインスタント性が強すぎるからです。

 

Facebookとかは、

若干違うかもしれないけど、

あんなもんリアル社会の拡張版でしかないから、

 

そもそもの問題として、

リアルでの弱者は使いこなせないはず。

(もちろん僕もです。すげー苦手です。)

 

 

じゃなくて、

インスタとかTwitterですよね。

匿名性があって弱者でも使えそうなSNSは。

 

ただし、

こいつらは手軽すぎる。

そのインスタント性が問題で……。

 

 

SNSの問題点

・前提:SNS投稿はカンタン(簡易的)すぎる

=フォロワーも誰でも容易に増やせるので「評価」は得にくい

=カンタンすぎるのと匿名性があいまって「悪口」「失言」が出やすい

 

 

評価経済社会において「弱者が」

SNSという場で「評価」を獲得していくのは厳しい

 

だから僕自身は、

SNSをやっていません。

 

というかやってたんだけど、

ムダや危険さを感じたので辞めました。

(性格的に「向いてなかった」ってのもあります)

 

 

ちょっと話がそれましたが、

ブログやYouTubeといった、

「骨太の発信媒体」を選ぶべきだと感じてます。

 

ブログYouTubeは、

それほど(SNSほど)簡単にはいきませんが、

だからこそ「続けて成果も出せれば」一定の評価は得られます。

 

つながりの面でも、

だんだん伸びてくればコメントがきます。

 

つまり、コメ欄を通して 他者との交流が生まれます。

リアルに発展する「つながり」はややムズイかもですが、

少なくともコメントで「感謝(=評価)」「やりとり(会話や議論)」は発生してます。

 

僕はブログを1年半くらい、

YouTubeは1年近くやってますが、

 

最近になってじょじょに、

「場」が成長していく感覚を得られるようになりました。

 

ということで、

これからもマイペースに地道に、

「場」を育てていこうと思ってます(‘◇’)ゞ

 

 

【まとめ】僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない(岡田斗司夫著)

書評 感想 読書レビュー

 

はい、

そろそろ終わりです。

 

最後の最後に、

本記事のまとめです。

記事の要点を振り返ってみましょう。

 

本記事のまとめ

■もはや就活はムリゲー

■就職はレッドオーシャン

■ストレスがかかればお金もかかる

■ストレスから脱すればお金はかからない

■<愛されニート> <仕事サーファー>を目指せ

■「百姓的働き方(多職)」で動的安定を構築

■「勇者的仕事観(人助け)」で楽しく豊かに働く

■これからは「貨幣」ではなく「評価」がモノを言うようになる

■「働く」という行動へのハードルはもっともっと下げてもいい(お手伝いや人助け)

■百姓的に仕事をサーフする新しい『働き方』に対応できない弱者は、インターネットを介した『評価』→『つながり』を目指そう

(→SNSではなくブログやYouTubeを地道にこつこつやるのがオススメです)

 

 

これからは、

「お金」ではなく「評価」が重要になります。

 

ある意味では 生きやすくなるかもしれませんが、

以前とはまた別の生きにくさもやってくるでしょう。

 

それでも、

 

・インターネットという光の中に飛び込み、

・「お手伝い」や「人助け」を気楽に頑張って、

・「評価」や「つながり」を意識しながら生きていく。

 

こうやって、

未来をサバイブしていける、

今とは違った楽しい社会になるかもしれません。

 

 

なんにせよ、

お互いに協力できるところは協力し合い、

日々を、「働く」を、アップデートしていきましょう(‘◇’)ゞ

 

 

 

おわり。

(けっこう疲れた。)

 

あと、最後まで読んでくださり、マジでありがとうございます<(_ _)>

以上、『無職イズム』管理人のよぴがお送りしました。

それでは、また別の記事で!

 

 

P.S. 本書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』ですが、キンドルアンリミテッドにて無料(0円)で読めます!!

 

読書についてですが、

僕は ほぼほぼ0円(無料)で読んでます。

 

そのカラクリは、

本の読み放題サービス「キンドルアンリミテッド」

 

特徴

・月額980円にて何冊でも読める

・スマホやPCなどから気軽に読書できる

・ラインナップ豊富で話題作や人気作も対象

 

本記事で紹介した『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』も、

キンドルアンリミテッドにてほぼ0円で読みました。

月額980円のなのでビジネス書を月1冊以上で元が取れます!

(※2021年1月4日時点だと本書もキンドルアンリミテッド対象作品です。)

 

30日間「無料」でご利用できますので、

気になる方はぜひお試し体験してみてください(‘◇’)ゞ

 

\ 30日間「無料」でお試し! /

 

キンドルアンリミテッドを 解説しつくした記事もあります。↓↓

【お得なの?】キンドルアンリミテッドを本音レビュー!損する人もいるので要注意!

 

ポイ活 ポイントサイト 無職

【無職OK】ポイ活で30万円をGETセヨ

 

高額ポイ活なら、コツを抑えてガチれば ほぼ誰でも稼ぐことができます!
僕自身も裏でこっそり荒稼ぎしちゃってますんで笑

 

じつは、超高額のFX案件を中心に 1年以上ガチで研究&実践してます(‘◇’)ゞ
もうすぐ獲得pt合計30万円に届いちゃいそうな勢いwww

 

~ 俺のノウハウか? 欲しけりゃくれてやる!~
~ 読め! その書のすべてをそこに置いてきた!~

 

\ 総7.5万文字!超有料級! /

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください